マニエラの哲学

多趣味人間「忍野」がその思想を語り尽くします。ネタとマジメは紙一重。

深境螺旋第12層 2022年6月上半期・下半期・7月上半期

前記事:

kanzaki773.hatenablog.com

 

ご無沙汰しています。忍野です。

今回は深境螺旋第12層、ver2.7の2022年6月上半期の攻略記事になります。クリア自体は初日に終わらせていたのですが、遅くなってしまい申し訳ないです。

(ホワイトアルバム2はもうしばらくお待ちください…)

 

本記事は「原神上級者がやるべきこと」で主に扱った螺旋攻略の中で、今期の秘境にフォーカスしたものになります。

深境螺旋の12層自体の攻略が初めてであるという方は、先に前記事を読んでいただいた方がいいかもしれません。

 

 

敵構成

敵構成は以下の通りです。

・第1間

[前半]

トリックフラワー×2・トリックフラワー×1

トリックフラワー×1・トリックフラワー×2

ヴィシャップ×2

[後半]

遺跡守衛×1

遺跡重機×1

 

・第2間

[前半]

大型スライム×2・ヒルチャール暴徒×3

大型スライム×1・ヒルチャールの王×1

[後半]

魔偶剣鬼×1

 

・第3間

[前半]

アビサルヴィシャップ幼体×2

[後半]

恒常からくり陣形×1

 

コメントするとしたら、まずは魔偶剣鬼とからくりですね。ver2.6のアビスとは異なり、単純なDPSチェックに戻ってしまいましたね。

また12-1後半は氷元素の元素試練装置がありますので、氷元素キャラでの攻略では少しだけ時間がかかります。元素試練装置に関しては、別の記事で取り上げたいと思います。

あとは12-2前半に氷元素の敵が多くいるので、ここでは氷元素キャラが使えなさそうですね。

 

パーティ構成

以上の敵構成を踏まえたうえでのパーティを考えていきます。

最初に、私が攻略したパーティを一応載せておきます。今期は初見で*9取れました。

忍野の場合

ではまず第1間から。

個人的に、前半2分・後半1分もしくは前半1分半・後半1分半のペースでクリアしたいところです。トリックフラワーは散られると時間がかかるので、集敵できるキャラや広範囲の攻撃が行えるキャラが欲しいところです。また敵の元素が主に氷と雷なので、その両方に対して有効な炎元素がおすすめです(タイムアタックなどをしている方以外は過負荷とか気にしなくてokです)。

後半はとにかく火力のあるパーティ構成にして速攻で終わらせてしまいましょう。さきほど述べた通り、氷元素キャラでの攻略は時間がかかるのですが、自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

私はエウルアを使いましたが、これは参考にしない方がいいかもです。遺跡シリーズは物理耐性が高いからです。

 

前回も書いた通りトリックフラワーには万葉がとても相性が良いですので、万葉を持っている方は使ってみてはいかがでしょうか。

今回は万葉を持っていない方向けに構成を考えてみました。

万葉なし・12-1おすすめ

雷電将軍は雷トリックフラワーが出てくる前半で使いづらいので、後半のタイムを縮めてもらいましょう。

前半のパーティについては、炎アタッカーの胡桃を設定してみました。サポートには、後半で行秋を使ってしまうので新キャラの夜蘭を入れてみました。シールドに鍾離を入れ、胡桃は攻撃力の恩恵が少ないので、炎元素共鳴にするよりもアルベドを入れてDPSを上げ、また岩元素共鳴によるダメボ15%を取りにいくパーティ構成です。

 

実際に試してみたところ、前半を1分40秒程度でクリアすることができました。

 

前半の代用としては、胡桃は宵宮や煙緋でもいいのですが、トリックフラワーを1体ずつ倒すのは大変そうですね。ですのでおそらく夜蘭を編成することは必要になってくると思われます。夜蘭の代用は行秋以外では少し難しいのですが、継続的に蒸発を起こしたいのでモナ(スキル)・珊瑚宮心海(スキル)・神里綾人(爆発)などが考えられるでしょうか。

後半の代用は主に雷電将軍ですが、ここはタルタリヤや神里綾人で一応の代用はできます。ただし爆発の回転効率が悪くなってしまうのでそこは注意です。行秋の代用は、夜蘭の代用と同じです。

 

次に第2間です。

パーティ構成にもよりますが、前半後半でそれぞれ1分半使いたいところです。

前半に氷元素の敵が集まっているので、前半は炎元素で押していきます。後半の魔偶剣鬼は一つ一つの攻撃が重く、真っ向勝負をするとなると火力が求められるので爆発を回せるパーティの方が被弾も少なくなります。

ですので第1間で例に出したパーティであればちょうど相性も良く、メンバーが落ちることなく3分以内にクリアできると思います。

代用についても前半後半それぞれ第1間と同様です。

後半の魔偶剣鬼で倒されてしまうという方がいるかもしれませんので、シールドキャラがいないときの魔偶剣鬼を倒すコツについて話していきたいと思います。魔偶剣鬼は原神の中でも特徴的なターン性のエネミーで、

「敵の攻撃モーションでは守る」

「敵の攻撃モーションが終わったら殴る」

といった戦い方になります。

魔偶剣鬼はHPが8割を切ると一度攻撃が通らない状態になり、ダメージの大きい攻撃モーションを起こします。この攻撃は距離をとって避けるか、元素爆発の無敵時間を利用して躱すことになります。この時の元素爆発は雷電などの攻撃系の爆発ではなく、行秋や春菱などの追撃系であるとベストです。なぜなら魔偶剣鬼が無敵状態で攻撃が通らないからです。

また魔偶剣鬼は断続的に移動を繰り返すので、

"魔偶剣鬼の強めの攻撃がくるタイミングで、爆発の無敵時間で耐える"

"攻撃が終わったら魔偶剣鬼の移動に合わせて自分も詰め、攻撃系の元素爆発を打つ"

を繰り返していれば楽に勝てます。

魔偶剣鬼に関しては文面だけでは伝わらないところがありますので、本気で*3取りに行きたい方は魔偶剣鬼のモーションについて何度も練習することをお勧めします。

次に恒常からくり陣形についても解説いたしますが、これらのボスキャラは固有の独特なモーションを持っており、回数をこなして慣れていくのが一番の近道かもしれません。

「〇〇の攻撃のかわし方がわからない!」

などの質問がありましたら個別にお答えいたします。

 

最後に第3間です。

第3間は正直前半30秒、後半2分半、といった時間の使い方をしたいです。

後半のパーティによほど火力の余裕があるなら前半に1分かけてもいいかもしれません。

問題は後半の恒常からくり陣形です。からくりは一定ダメージor一定時間で分裂し、コア(本体)にダメージが通らなくなります。この分裂をされると単純にタイムロスになるので、できるだけ早くからHPを減らし1回の分裂に抑えたいところです。

からくりに関しては基本的な倒し方は割愛しますが(wikiなどを参照してください)、とにかく空中に飛ぶ攻撃の際に爆発を当て損じることだけ注意してください。かなりのロスになり、最悪それだけでリタイア案件です。

第1間・第2間同様後半に火力が求められるので、現状ver2.7で(お財布的にも)最も火力が出しやすい雷電nationalがおすすめです。雷電将軍を持っていない方でも、雷電将軍の枠をタルタリヤや神里綾人で代用することができます。

 

恐れず挑戦!

前回の記事でも書きましたが、ある程度のパーティが考えられたらとにかく一度挑戦してみましょう。

「第〇間の〇半で時間がかかった」

などの反省から「何故ダメだったのか」を考え、再チャレンジしてみましょう。

今回の螺旋は、正直言って今までの螺旋12層の中でも簡単なので、キャラ育成なのか、パーティ構築なのか、プレイングなのか、足りない部分を少し直せばすぐに改善できると思います。

 

まだの方は、是非今回の螺旋で"螺旋12層クリア"のアチーブメントを取りに行ってみてください!

 

それではまた。

 

次記事:

kanzaki773.hatenablog.com